暮らしの芸術都市とは

暮らすこと、生きていくこと、といった私たちみんなが日常的に行っている生活の営みそのものを芸術として捉えなおし、 芸術的で豊かな表現に満ちた「暮らしの芸術」を取り戻すことを通じて、創造的で魅力的な都市をつくる試みです。

松戸まちづくり会議について

松戸駅周辺地域の良好な都市空間の創出と地域の活性化を目的にまちづくりに取り組む活動組織です。 平成24年に松戸市によるまちづくりとアートのプロジェクト「暮らしの芸術都市」の事業主体として発足し、 国内外からアー ティストを迎える「PARADISE AIR」の他、千葉大学、聖徳大学など様々な団体と協働しながら、 住民主体のまちづくりに取り組んでいます。

  • 設立年月日 : 2012年5月31日
  • 参画町会 : 根本第1町会、根本第3町会、根本第9町会、平潟自治会、納屋川岸町会、 本町自治会、一丁目向山下自治会、二丁目自治会、三丁目西自治会、 三丁目東自治会、岩瀬自治会

  • 運営サポート : 松戸市文化観光課

松戸まちづくり会議

お知らせ

Facebookページからの情報を表示しています。

【イベントのご案内】 3/19(土)11:00から、松戸市立中部小学校の体育館を会場に、楽しく学んで災害に備える「防災フェス2016」を開催します!第一部は、シェフを講師に招いて、非常食の管理の仕方や普段の暮らしの中で防災に取り組むことの大切さを学びます。昼食を挟んで第二部では、昨年も好評だったHUG(避難所運営ゲーム)を体験。震災から5年目を迎える節目に、改めて防災について考えてみませんか?皆様のご参加をお待ちしております! ※第一部のみ申し込みが必要ですのでご注意下さい。 詳細はこちら: http://www.city.matsudo.chiba.jp/kurashi/anzen_anshin/event/bousaifes2016.html

2016.03.03 | Link

PARADISE AIRのロングステイプログラムでは、251組の応募の中から、ポルトガル出身のアーティスト、ヴァスコ・ムラオを選出し松戸に招聘しています。そのヴァスコによる作品展示が、いよいよ1/22(金)より松戸市文化ホール(松戸ビル4F)にて始まります。またあわせて、これまでの制作や滞在を振り返る報告会を、1/24(日)15:00より松戸ビル20Fを会場に開催。3ヶ月間にわたる作品制作の成果を、ぜひご覧ください! 詳しくはこちらを:https://www.facebook.com/events/836760406433072/

2016.05.07 | Link

PARADISE AIR ロングステイプログラムの オープニングバーティーはこちらでご案内しています https://www.facebook.com/events/849997845121369/

2015.10.29 | Link

PARADISE AIR ロングステイプログラム招聘者決定 今年度「LONG Stay Program」の招聘アーティストが、 ポルトガル出身の美術家、ミスター・ムラオ(MISTER MOURAO)さんに決まりました。 招聘期間:2015年11月1日(日)〜2016年1月31日(日) WEB:http://mistermourao.com 今年度の「ロングステイ・プログラム」は、テーマを「PRESENT(現在/プレゼント)」とし、 まちなかの様々な地域資源や人々との関わりを通して、松戸の人々へどんな作品を残せるのか、プランを募集しました。 2015年7月〜8月の2ヶ月間の公募期間で、今年度は世界55カ国129都市から合計251通の応募があり、表現分野もファインアート、パフォーマンス、プロジェクト、音楽と多岐に渡りました。 今回はゲスト審査員として住友文彦氏(アーツ前橋館長)、毛利嘉孝氏(東京藝術大学准教授)、堀内奈穂子氏(NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト] キュレーター)を迎え、 松戸まちづくり会議によって1名を選出しました。 アーティストの滞在期間中は、トークやイベントなど、さまざまな企画が行われる予定です。詳細が決まり次第お知らせ致しますので、是非その際は松戸にお運びください。

2015.10.02 | Link

PARADISE AIR ショートステイプログラムのお知らせ (直前のご案内ですみません) フリー・アート・ポストカード|アミール・ガジ・ヌーリー 日程:2015年9月12日(土) 時間:午後2時〜午後5時 場所:松戸駅周辺 アーティスト:アミール・ガジ・ヌーリー 企画:PARADISE AIR 一日(3時間)限定!イギリス人アーティスト、アミール・ガジ・ヌーリーが自身によってデザインされた数百枚のポストカードを無料で配ります。 アミールはこのアート活動の機会を得る代わりにPARADISE AIRには滞在しません。 このイベントは、まちの人々へこのアートを配布することによって成り立ちます。この活動を通じて、アーティストとまちの人々とが少しでも関わる時間が持てるでしょう。 ぜひ9/12(土)の午後2時に松戸駅へお集まりいただき、素敵なアートをご自宅へ持ち帰ってください!

2015.09.11 | Link

ラストサマーフェス&盆踊り2015 恵まれない天候とはなりましたが大きなトラブルもなく無事に閉幕いたしました。 ご来場くださいましたお客様に心よりの感謝を申し上げます。 ありがとうございました。 また、2日間の当該イベントは地域の次の皆様によって成り立ちました。 松戸市 千葉大学園芸学研究科 聖徳大学 聖徳大学短期大学部 松戸市立相模台小学校 松戸市立相模台小学校PTA 松戸市消防団第5分団 ラジオポワロ KEYAKIDS ご出店くださいました皆様 踊り手の皆様 ご出演くださいました皆様 ご来場くださいました皆様 関わってくださいました皆様、お一人お一人にに感謝申し上げます。 ありがとうございました。

2015.08.30 | Link

2010

松戸市ではじめての地域アートプロジェクトとして、松戸市主催のもと若手を中心とする現代美術作家を松戸に招聘しました。 テーマを「森」とし、アートの介在によって様々な人やことやものが行き交い、集積し生み出し、まちが変容していくことを体験しました。

  • 名称 : 松戸アートラインプロジェクト2010
  • 会期 : 2010年11月20日(土)~12月19日(日)
  • 参加作家(順不同) : 山川冬樹、木村恒介、小松宏誠、山本麻璃絵、村上鉄兵、近藤洋平、斎藤ちさと、戸田祥子、小山泰介、太田遼、大山エンリコイサム、松澤有子、津田翔平、山中彬充、井口雄介、武蔵野美術大学建築学科 土屋公雄スタジオ、小原典子、代本板(中島佑太×石幡愛)、満尾洋之、大成哲雄+聖徳大学大成ゼミ、山下竜司、戸井田雄、千葉大学庭園デザイン学研究室(大野+生田)、遠藤一郎、枯山水サラウンディング、池田剛介、大山康太郎、毛原大樹、村上慧、榊原歌華、西尾美也、東京藝術大学 毛利嘉孝研究室+熊倉純子研究室+市村作知雄研究室
  • 審査員 : 土屋公雄(愛知県立芸術大学教授、武蔵野美術大学客員教授)、三谷徹(千葉大学園芸学部教授)、毛利嘉孝(東京藝術大学准教授)
  • 主催 : 松戸アートラインプロジェクト実行委員会
  • 事務局 : 松戸市、NPO法人CoCoT
webサイトへ

2011

松戸市内の公共空間や民間空き店舗を会場として活用し、アーティストによる作品展示、ワークショップやライブパフォーマンスを行う一方で、 継続的な運営体制や住民の事業への巻き込みなどの課題も明らかになりました。

  • 名称 : 松戸アートラインプロジェクト2011
  • 会期 : 2011年11月5日(土)~27日(日)※土日祝のみ、計9日間開催
  • 参加作家(順不同) : 渋さ知らズ、山下陽光、大成哲雄+聖徳大学大成ゼミ、毛原大樹、中島佑太、青木麦生、アトリエミルクル、安藤早織、磯部沙恵里、OJA、couch、聞谷洋子、コイケジュンコ、後藤勇治、ソメヤケンジ、瀧澤潔、田嶋奈保子、原田晋、結いの会、りきりき
  • アートディレクター : 毛利嘉孝(東京藝術大学准教授)
  • 公募審査員 : 高橋瑞木(水戸芸術館現代美術センター)、寺井元一(MAD City)
  • 主催 : 松戸アートラインプロジェクト2011実行委員会
  • 事務局 : 松戸市、株式会社まちづクリエイティブ
webサイトへ

2012

一定期間に会期を限定せず、年間を通じて地域住民やアーティストが体制づくりや企画から協働するための組織として「松戸まちづくり会議」を立ち上げました。 その結果、公園を占用してインスタレーション作品とするもの、公開空地や河川敷を会場とするもの、地域住民によるワークショップ実施の仕組み構築そのものを作品とするものなど、地域住民に密着した体制ならではの活動が展開されました。

  • 名称 : 暮らしの芸術都市 -松戸アートラインプロジェクト2012-
  • 会期:2012年6月~2013年3月
  • 参加作家(順不同) : 豊嶋秀樹、城一裕、大成哲雄、内海昭子、コイケジュンコ、中島佑太、RE、DJぷりぷり、パウロ野中、南原鉄平、近藤崇司、森純平、他
  • その他の活動 : edogawa outdoor wedding、高砂通り酔いどれ祭り、など
  • 主催 : 松戸まちづくり会議
  • 事務局 : 松戸市、株式会社まちづクリエイティブ
webサイトへ

2013

2013年度はこれまでの事業を継続するかたちで、アーティストとの事業とまちづくり事業の2つの大きな枠組を軸にしながら、年間を通じて様々なプロジェクトに取り組みました。また6月からはアーティストを継続的にまちに迎え入れるためのアーティスト・イン・レジデンス「PARADISE AIR」を立ち上げました。

  • 名称 : 暮らしの芸術都市
  • 参加作家(順不同) : 豊嶋秀樹、城一裕、中島佑太、内海昭子、大成哲雄、小原由起子、他
  • PARADISE AIR参加作家(順不同) : イ・デイル、パヴェル・ヅィエミアン、橋本匠、清野仁美、デボラ・アントネッロ、ニック・ジェイムス、大歳芽里、播安芸子、シリル・ザリシェフスキ、小泉瑛一、加藤優一、長内綾子、藤城光、藤井光、小川直人、川延安直、小林めぐみ、ダニエラ・ドミンゴス
  • その他の活動 : TOWN DRINKS、高砂通り酔いどれ祭り、あつまれ~西口公園へ、など
webサイトへ

お問い合わせ

松戸まちづくり会議 事務局
住所:千葉県松戸市本町15-4 ハマトモビル401号
TEL : 047-364-8832
FAX : 047-364-8833
MAIL : info(a)matsudo-artline.com

メールを送る