Loading...

公開インタビュー|震災と街について

2014.02.09

pair_web用バナーKK-02

【本日開催!】
本日予定しておりました
公開インタビュー「震災と街について」
予定通り開催いたします!
お足元が悪くなっております。無理せずにご参加ください。

※なお、ゲストの小泉瑛一さんですが大雪のため、石巻を出ることができない状態が続いており、現時点ではSkype中継にて參加を予定しております。ご了承ください。

 

 

 

 

震災以降多くのアーティストや建築家が東北へと拠点を移し、3年たった現在も現地で活動を続けています。
今回は宮城県石巻市にて活動を行う「ISHINOMAKI 2.0」より建築家の小泉瑛一さん。建築計画者として東北の公共施設の再整備を行う加藤優一さんをお招きしてお話を伺います。
また、後半はロングステイプログラムに滞在中のポーランド人芸術家パヴェル・ヅィエミアンも交え、建築の側から東北の街に関わってきた彼らとの対話を通して、現在の松戸の街を考えるきっかけとします。

[日時]2014年2月9日[日]16:00~18:00
[会場] 松戸二丁目自治会館
[住所] 松戸市松戸1276-1
入場無料
予約不要

<ゲストプロフィール>

小泉瑛一(こいずみ えいいち) 建築家/ISHINOMAKI 2.0 理事
1985年群馬県生まれ、愛知県育ち。宮城県石巻市在住。2010年横浜国立大学工学部卒業。
2011年、震災から1カ月後に宮城県石巻市に入り、復旧作業を通じて知り合った地元商業者や若手の建築家、広告プロデューサー、ウェブディレクター、研究者たちと共に市民主導のまちづくり団体ISHINOMAKI 2.0の立ち上げに参画、現地事務局として常駐。
建築設計事務所オンデザインパートナーズのスタッフとして、中心市街地活性化、新しい観光のデザイン、次世代の街の担い手の育成などに取り組む。http://ishinomaki2.comhttp://ondesign.co.jp

加藤優一(かとう ゆういち) 建築計画研究者
1987年生まれ。東北大学大学院博士課程在籍。
震災後のまちづくり・施設計画における、産官民学連携の組織づくり・計画プロセスに関する研究と実践。宮城県内の自治体にインターンシップやアドバイザーとして参加し、公共施設再生に向けた調査・計画・設計者選定支援、ワークショップの企画運営などに携わる。
近年の活動:「The Great East Japan Earthquake(アエデスギャラリー/ベルリン)」出展/「新・港村-アーキエイド展」設計施工・企画運営:空間デザイン賞入選


パヴェル・ヅィエミアン|Pawel Dziemian,
アーティスト。1983年生まれ、ポーランド出身。
ポズナン美術アカデミー(現在は大学)で絵画、彫刻、グラフィックを専攻。
その後同大学院でマルチメディアコミュニケーションを研究、美術の修士号を取得。
現在はイギリス・ロンドンを拠点として、主に映像メディアを扱った作品制作に取り組んでいる。

 

<PARADISE AIR CROSS STAY Program 2013とは>

PARADISE AIRは2013年6月にオープンしたアーティスト・イン・レジデンス施設です。松戸駅前19町会の代表者による地域団体・松戸まちづくり会議の運営のもと、文化庁平成25年度国際交流拠点形成事業の採択を受け、活動しています。この度、CROSS STAY Program 2013では、全世界に向けて滞在芸術家を公募し、世界中から集まった61名の応募の中から、ポーランド人芸術家パヴェル・ヅィエミアン(30歳、ポーランド国籍、ロンドン在住)を選出しました(審査員はアーツ前橋館長住友文彦氏、東京芸術大学准教授毛利嘉孝氏)。

本プログラムのメインテーマは「HEAR:聞く」です。千葉県松戸市は、福島第一原子力発電所事故以降、ホットスポットとして報道され、官民双方がその解決に取り組んできました。震災から3年という節目のこの時期に、パヴェル・ヅィエミアンが松戸市民に向けてヒアリングを行い、地域が抱える状況を踏まえて作品制作に取り組みます。
そのリサーチ活動の一環として、東日本大震災以降、東北地方を拠点に支援活動や記録活動を行っている日本人芸術家・学芸員・建築家計6名が松戸に短期滞在をするショートステイ・プログラムも同時に開催します。ゲストによる一般公開のトークイベント(公開ヒアリング形式)や、原発事故後の福島を記録した映画上映会などを行います。これらのイベントを通じて、ポーランドと日本の国際的な文化交流を生み出すだけでなく、市民と芸術家が国際的な芸術・文化交流を深めながら、震災から3年が経ったこの時期に、東日本大震災についてもう一度考える機会を作ります。

 

※本イベントは松戸に滞在中のポーランド人アーティスト、パヴェル・ヅィエミアンが震災にまつわるリサーチを深めるために実施されますが、どなたでもご参加できます。ぜひお気軽にお越し下さい!

このトークイベントは、PARADISE AIR CROSS STAY Program 2013の一環で行われています。

ページトップへ

©松戸まちづくり会議 All Right Reserved.