Loading...

02

特別企画:MADタワー

「矢切の渡し」でも知られるように、江戸時代には北関東・東北とを結ぶ宿場町として栄えた松戸は、2011年3月11日の震災以降、福島第一原子力発電所の事故により放出された放射性物質により環境への影響を受け「ホットスポット」と呼ばれています。一方で、昭和中期の松本清市政下で虹製造機を設置し江戸川に虹をかけるなど様々な先駆的な試みが行われた場所でもありました。地元の人々だけでなく、震災以降の松戸・日本・世界のありかたに対して問題提起をしている多くの当事者の手によって、松戸を示す灯台(ランドマーク)としての「MADタワー」を作りたいと思います。

Artist

jokazuhiro

城一裕

1977年生まれ。研究者・アーティスト。IAMAS[情報科学芸術大学院大学]講師。九州芸術工科大学(現・九州大学芸術工学部)卒業・修了。東京大学大学院博士課程満期退学。日本アイ・ビー・エムソフトウェア開発研究所、東京大学先端科学技術研究センター、英国ニューカッスル大学 Culture Lab、東京藝術大学芸術情報センターを経て、現職。 主なプロジェクトに、参加型の音楽の実践である「The SINE…more

Topic

ページトップへ

©松戸まちづくり会議 All Right Reserved.