【松戸ライフアルバム】

松戸に暮らす人々の言葉や生活を収集し、松戸という場をシルエットで浮かび上がらせてみる試み。松戸を断定的にとらえるのではなく、曖昧さをたたえたリアルな存在としての松戸をシルエットとして集め、そのシルエットはまた、松戸にかぎらない同じような街のシルエットでもあるかもしれないという仮説をもって行うフィールドワーク的なプロジェクトである。また、Made in Matsudoとなるコンテンツとして、アーカイブ化させるだけではなく、継続可能な発信形態として持続するようなフォーマットの模索としても取り組んでいきたい。

活動エリア:各所
キュレーター:豊嶋秀樹

【MADタワー】

「矢切の渡し」でも知られるように、江戸時代には北関東・東北とを結ぶ宿場町として栄えた松戸は、2011年3月11日の震災以降、福島第一原子力発電所の事故により放出された放射性物質により環境への影響を受け「ホットスポット」と呼ばれています。一方で、昭和中期の松本清市政下で虹製造機を設置し江戸川に虹をかけるなど様々な先駆的な試みが行われた場所でもありました。地元の人々だけでなく、震災以降の松戸・日本・世界のありかたに対して問題提起をしている多くの当事者の手によって、松戸を示す灯台(ランドマーク)としての「MADタワー」を作りたいと思います。

活動エリア:松戸ビル20階他
キュレーター:城一裕
アーティスト:DJぷりぷり、パウロ野中、南原鉄平、近藤崇司

【江戸川グループ】

かつて交易上の重要な道として利用されていた江戸川をもう一度見直すべく活動しています。

活動エリア:江戸川河川敷
過去の活動:
「edogawa outdoor wedding」
日時:2012年10月21日(土)
会場:江戸川河川敷

【広報グループ】

松戸まちづくり会議の活動を住民へ伝えるための紙媒体「松戸まちづくり瓦版」を作成・配布しています。

活動エリア:エリア各所にて配布
アーティスト:コイケジュンコ
過去の活動:
「松戸まちづくり瓦版」
日時:2012年10月6日(土)発行
会場:各所
「松戸まちづくり瓦版第二号」発行
日時:2013年3月7日(木)
会場:各所

【道路活用グループ】

道路をまちの資源として活用するグループ

活動エリア:高砂通り
次回の活動:
「高砂通り酔いどれ祭り」
日時:2013年5月18日(土) 17:00-21:00
会場:高砂通り
過去の活動:
「高砂通り酔いどれ祭り」
日時:2012年11月3日(日)
会場:高砂通り
「酔いどれ祭り in 松戸まつり」
日時:2012年10月7日(日)
会場:高砂通り
「高砂通り 酔いどれ祭り」
日時:2012年9月21日(金)
会場:高砂通り

【西口公園グループ】

松戸駅西口公園は、四方を高い建物に囲まれており、さらに公園の外周に高い木が配置されています。 上空に四角い空が見え、公園にしては幾分閉鎖的な印象があり、活気のある場所とは言いがたい状況です。 中心の大きな広場はこどもたちに使われることもなく、通路としての昨日がほとんどのようです。 この広い公園をもっとたくさんの人、すべての世代の人が集う場所にできないかと活動を始めました。 今後公園がどうなっていくといいかを考えるため手始めとして、今回は外側にあるボリュームを中心に移動させるということを試みます。 祭祀などで、中心に高い棒などを持ってくることでその場に力が生じる、そのことをここで応用してみようと考えました。 子供たちに公園に関わってもらいながら制作することを通して、公園についてもう一度考えます。

活動エリア:西口公園
アーティスト:内海昭子
過去の活動:
「西口公園プロジェクト」
日時:2012年3月16日(土)
会場:西口公園

【東口グループ】

松戸駅東口は、駅から伸びるデッキを中心に商業施設が建ち、周辺に高層マンションが密集している地域です。 一方でプラーレ裏には歴史ある松戸中央公園があり、高層マンション内には公開空地が存在するなど、隠れた公共空間に恵まれてもいる発見がありました。 自治会的な視点では、地域活動と各マンション住民の思惑にはズレが生じています。 松戸市内でも有数の、都会的な地域課題を抱えた地区だと考えられました。 このグループはこういった東口にて、放置され暗がりとなっている公開空地および中央公園の利活用を中心に活動を行ないます。

活動エリア:松戸駅東口
アーティスト:大成哲雄
過去の活動:
「101人ライトドローイング」
日時:2012年12月8日
会場:松戸中央公園
 
 
作品写真のダウンロードはこちら:Download(280MB)
 

【壁画グループ】

壁画グループでは、地元に拠点を構えるアーティストのRE(あるい)さんとともに、文字通り松戸駅周辺にて「壁画」作品を生み出す活動をしています。第1弾の大多福に引き続き、第2弾が春雨橋近くの結納品店「寿センターシノダ」に生まれました。

アーティスト:RE
主な活動エリア:松戸駅周辺

【防犯グループ】

松戸市にどろぼう学校(仮称)を設立する準備室を立ち上げます。どろぼう学校(仮称)準備室は、どろぼう学校の設立を目指し、どろぼう学校の設立イメージを市民に分かりやすく伝えるための様々な活動を展開します。このプロジェクト内で意味する「どろぼう」は、窃盗犯を指すだけではなく、犯罪者の総称です。まちの防犯を、犯罪者の目線で考えるプロジェクトです。

アーティスト:中島佑太
活動エリア:松戸市立北部小学校、子ども読書推進センター他
過去の活動:
「防犯講話とパトロール体験」
日時:2012年10月26日(金)
会場:松戸市民劇場、松戸市三丁目東エリア
「変装する」
日時:2013年3月10日(日)
会場:子ども読書推進センター2F
「はんにんをさがせ!!~あやしさをあぶりだす~ワークショップ~」
日時:2013年2月23日(土)
会場:子ども読書推進センター
「防犯講話とパトロール」
日時:2013年1月31日(木)
会場:松戸市立北部小学校
プロジェクトリスト
・松戸ライフアルバム
・MADタワー
・江戸川グループ
・広報グループ
・道路活用グループ
・西口公園グループ
・東口グループ
・壁画グループ
・防犯グループ