開催概要

テーマ『暮らしの芸術』

松戸アートラインプロジェクト2011」のテーマは、暮らしの芸術です。芸術のある暮らしではありません。芸術のある暮らしは、絵画や彫刻、デザインなどの芸術が私たちのまわりに入り込んでいる生活を指しています。暮らしの芸術は、そうではなくて、〈暮らすこと〉、〈生きていくこと〉といった私たちみんなが日常的に行っている生活の営みを芸術として捉え直そうという試みです。私たちは、今生きることさえも難しい時代に直面しています。世紀をまたいだ長引く不況に加え、今回東日本を襲った震災とそれに続く原発事故は、21世紀、私たちはどのように生きればいいのかという根本的な問題を提起しました。私たちは、もはや20世紀の時代のように生きることは難しいのかもしれません。生き方そのものを考え直す時代が来ているのです。
 
この困難な時代のにおいて、新しい生き方を模索する試み少しずつではありますが生まれて来ています。興味深いのは、こうした提案が、アートと呼ばれてきた営為の中から生まれつつあることです。いや、もう少し正確に言えば、ここでいう〈アート〉は、普通私たちが用いている狭い意味での〈芸術〉ではなく、かつてギリシャ語の〈テクネー〉やラテン語の〈アルス〉が持っていた〈技術〉や〈技芸〉に近いものかもしれません。
 
新しい生き方を模索すること。ただ生きるのではなく、よりよく生きること。しかし、よくよく考えたらこの〈暮らしの芸術〉は、昔は人々の生活のいたるところにみられたものでした。職人のこだわりから、おじいちゃんやおばあちゃんなど先人たちの生活の知恵にいたるまで、暮らしは芸術的としか呼びようのない豊かな表現に満ちていました。けれども、近代を支配してきた効率化や合理化の思想が、こうした暮らしの芸術を生活から奪ってきたのです。
 
もう一度暮らしの芸術を取り戻すこと。東日本大震災という未曾有の事態の中で、21世紀を生き延びるためにも、それは急務にも思えるのです。

 

「松戸アートラインプロジェクト2011」概要

2010年から始まった「松戸アートラインプロジェクト」は、松戸市内の公共空間や民間空き店舗を会場として活用し、アーティストによる作品展示、ワークショップなどを行うアートプロジェクトです。松戸における芸術文化の振興や対外的なイメージ向上に加えて、行政および民間事業者や地域住民の参画により、地域活性化にも資することを目指しています。

名称:松戸アートラインプロジェクト2011
期間:11月5日(土)~11月27日(日)(土日祝のみ、計9日間開催)
テーマ:「暮らしの芸術」
アートディレクター:毛利嘉孝(東京藝術大学准教授)
公募審査員:高橋瑞木(水戸芸術館現代美術センター)、寺井元一(MAD City)
会場:松戸駅西口周辺
主催:松戸アートラインプロジェクト2011実行委員会
後援:松戸市、JOBANアートライン協議会、松戸駅周辺にぎやかし推進協議会、松戸市観光協会
事務局松戸市株式会社まちづクリエイティブ

 
毛利嘉孝 毛利嘉孝|Mouri Yoshitaka
社会学者。東京藝術大学准教授。1963年生。専門は、文化研究、メディア研究。メディアや都市大衆文化、現代美術、社会運動などの広く批評活動を行っている。京都大学卒。ロンドン大学でMAとPh.D.取得。九州大学助手、助教授を経た後現職。著書に『ストリートの思想』(NHK出版)、『はじめてのDiY 』(ブルース・インターアクションズ)、『ポピュラー音楽と資本主義』(せりか書房)、『文化=政治』(月曜社)など。NPO法人アートインスチチュート北九州理事。
 
 
高橋瑞木 高橋瑞木|Takahashi Mizuki
ロンドン大学東洋アフリカ学院でMA修了後、森美術館準備室を経て、2003年より水戸芸術館現代美術センターにて学芸員として勤務。主な担当展覧会に「カフェ・イン・水戸 2004 リノベーションプロジェクト」(2004)、「アーキグラムの実験建築1961-1974」(2005)、「ライフ」(2006)、「KITA!! Japanese Artists Meet Indonesia」(2008、インドネシア)、「Beuys in Japan ボイスがいた8日間」(2009)など。編著に石川直樹、いちむらみさこ、遠藤一郎、高嶺格らをインタビューした『じぶんを切りひらくアート』(フィルムアート社)がある。
 
 
寺井元一 寺井元一|Terai Motokazu
株式会社まちづクリエイティブ代表取締役。NPO法人KOMPOSITION代表理事。1977年、兵庫県生まれ。2001年、早稲田大学政経学部卒業。2002年にNPO法人KOMPOSITIONを設立。渋谷を拠点に若いアーティストやアスリートのため、活動の場や機会を提供する活動を始める。横浜・桜木町の壁画プロジェクト「桜木町 ON THE WALL」や、渋谷・代々木公園でのストリートボール大会「ALLDAY」などのイベントを企画運営してきた。その経験から一時的でなく日常的に、より創造的な活動ができる社会を創るべく、まちづくり分野に移行。2010年5月、株式会社まちづクリエイティブを設立し、クリエイター層の誘致により松戸駅前エリアの活性化を目指す「MAD Cityプロジェクト」を開始。 多目的スペース「MAD City Gallery」開設、「松戸アートラインプロジェクト2010」の運営にも携わる。
 
 
 

審査員コメント

今年ほどアートとは何か、なぜアートを作るのか、アーティストとは何をする人なのか、ということが真摯に問われた年はなかった。3月に東日本を襲った大震災は、まだ私たちの精神を揺らしている。そんな中で公募された作品のクオリティはどれも高いものばかりだった。とりわけ「暮らしの芸術」というテーマに反応し、共鳴し、反響するような作品が多かったことが嬉しかった。最終選考に残った作品はどれも既存のアートの枠組みにどこか収まりきれないけれど、それがゆえに松戸アートラインプロジェクト2011にとって必要なものばかりだ。どのような展示が実際に展開されるのか今からとても楽しみだ。

毛利嘉孝|Mouri Yoshitaka
 
 
 
 

実は、今回の公募審査のために初めて松戸の駅を降りた。失礼を承知で言えば、常磐線沿線の他の駅や街の佇まいと似てるな、と感じた。機能性最優先の駅や街並のグランドデザインは、「誰にでも優しい」ユニバーサルデザインの名のもとに、それぞれの個性を奪うことがある。そのことがいいのか悪いのか、まだわからない。でも、そのわからない中で、自分たちの色を回復しようという試みが、このアートラインプロジェクトなのだと思う。短歌から着物の帯をつかった「帯アート」、そして批評空間を作り出そうという作家まで、実にバラエティに富んだ作家たちが今回の公募には集まった。そのことは、街に暮らす人々の多様な考え方や生き方と同様に、アートも複数のレイヤーがある有機的なものであることを改めて教えてくれる。今回の公募審査通過者と招待作家たちの作品がこの街で科学変化をおこし、松戸の街ならではの色彩を生んでくれることを、今から楽しみにしている。

高橋瑞木|Takahashi Mizuki
 
 
 
 

集まった企画群を一瞥したとき、現代アート、市民美術、止むに止まざるライフワーク、実験精神あふれるマイプロジェクト、それらを渾然一体に突きつけられた感覚を持った。アート活動の発展が多様性とともにあるとすれば、今回選出された企画の多様性は、まさに可能性そのものだろう。「暮らしの芸術」という、優しげな耳当たりをもつ一方で、非日常であるはずの「アート」を日常に引き戻さんとする挑戦的なテーマが、まちの中で現実のものになることを期待したい。

寺井元一|Terai Motokazu
 
 
 
アーティストについてはこちら
 
 

協賛

  • JR東日本
  • 新京成電鉄
  • ボックスヒル
  • 聖徳大学
  • 伊勢丹
  • 千葉銀行
  • 京葉銀行
  • 千葉興銀
  • 東京ラスク
 
トップへ