11月27日(日)

詳細へマークをクリックすると、展示やイベントの内容をご確認することが出来ます。/ インフォメーション店舗についてはこちら
詳細へ
詳細へ
詳細へ
詳細へ
詳細へ
詳細へ
詳細へ
詳細へ
詳細へ
詳細へ
詳細へ
詳細へ
詳細へ
詳細へ
詳細へ
詳細へ
詳細へ
詳細へ
詳細へ
詳細へ
詳細へ
 

浮遊ライン

 
 
 
アーティスト : りきりき|Rikiriki
会場 : 新角ビル3F / 電話ボックス

松戸という街のごく小さな個室、電話ボックスからながめた街の景色と、その個室からそれら街の景色をながめる人を、2つの離れた場所でのドローイングによって浮かび上がらせる。

トップへ
 

生きる身体 つながる心

 
 
 
アーティスト : 田嶋奈保子|Tajima Nahoko
会場 : 日発ビル6F

私達はどこに生きて住んでいるのか、自らの創造性、営み、生きる事を見つめ直そう。そして自分が生きる為に必要なものの正確な情報を知る事、ばらばらになりつつある個人や地域のコミュニティーの繋がりの回復、それこそが豊かに生きる知恵でもあります。

トップへ
 

結びの宴

 
 
 
アーティスト : 結いの会|Yuinokai
会場 : 日発ビル5F

着物の帯を使ってオブジェに仕上げる「帯アート」です。 箪笥の中に眠っている帯が、結んだりひだを寄せたり、ちょっと手を加えるだけで すてきなオブジェに変身します。

トップへ
 

0円ショップ

 
 
 
アーティスト : 山下陽光|Yamashita Hikaru
会場 : 鈴木ビル1F

アーティスト : 山下陽光|Yamashita Hikaru
会場 : 鈴木ビル1F
景気が悪くて、お金使いたくないけど、なにか欲しい気持ちは常にあって、いらない物もたくさんある。服と食器を持って来て下さい!服と食器を差し上げます。そうです0円なんです。言ってしまえば、持って来なくても、持って帰っていい。お金このヤロー!0円でどれだけ楽しめるか、やってやろうじゃねぇか!詳しくは、昨年、僕がやっていた古着屋、素人の乱シランプリで開催された0円ショップの記事をどうぞ!→デイリーポータルZ/0円ショップってなんだ?(http://portal.nifty.com/2010/02/27/b/

トップへ
 

最後のテレビ

 
 
 
アーティスト : 毛原大樹|Kehara Hiroki
会場 : 鈴木ビル2F

“最後のテレビ”は、2011年のアナログ停波というきっかけから、今後のアナログテレビのあり方を考える自由なメディアの活動です。使われなくなった非デジタル機器を活用し、空地となった1チャンネルで発信されるスーパーローカルエリアテレビです。

トップへ
 

19時から21時のHobby Scramble

 
 
 
アーティスト : 中島佑太|Nakajima Yuta
会場 : 鈴木ビル2F

Hobby Scrambleとは住民とアーティストが趣味を通して交流し、作品を協働で作るプロジェクト。懐中電灯を持って松戸の夜へ出かけるミステリーツアーを通して、ベッドタウン松戸の平日夜の時間を共有し、地域の趣味と関わる糸口を見つけ出す。

トップへ
 

松戸のためのインスタレーション
― 放射能ではなくたくさんの希望の光を ―

 
 
 
アーティスト : 瀧澤潔|Takizawa Kiyoshi
会場 : 宮ノ越地下歩道

光に満ち溢れた空間をインスタレーションによって表した。
3・11以降我々は生き方を変えねばならなくなった。
我々はまずその先に、光を灯すことから始めなくてはならない。

トップへ
 

Mapping Project♯1坂川

 
 
 
アーティスト : couch|カウチ
時間 : 17:00〜21:00
会場 : 坂川デッキ

Mapping Projectは、現実の空間に彩色をし、ある空間を1/1スケールの地図へと異化させるプロジェクトである。
今回のプロジェクトでは、フルカラーLEDの照射によって坂川の一部を平板な青色に染め、地図上の坂川を坂川広場付近に現出させる。

トップへ
 

芯のある町〜MIRUKURU TOWN〜

 
 
 
アーティスト : アトリエミルクル|Atelier Mirukuru
会場 : 旧・原田米店

ものの中心をあらわす「芯」。ものを支える役割、そして信念という意味でも使われる。トイレットペーパーやサランラップ等にも支えとなる芯があるが、役目を終えればゴミとなる。そんな廃材の芯を利用し、「町の再生」と「ゴミの再生」を表現した。
 

ワークショップ

内容:芯を使った工作
時間:15:00~18:00(時間中いつでも)
所要時間:10分~好きなだけ
料金:100円(材料代として)
定員:約15名
その他:文具、材料(画用紙や絵の具)等ご自由にお持ちください

トップへ
 

不在の部屋

 
 
 
アーティスト : 磯部沙恵里|Isobe Saeri
会場 : 旧・原田米店

レコードに針を落としたり、柱時計の内に広がる世界に胸をときめかせたこと…現代社会は便利でスピーディになった反面、風情やときめきを見失いつつあるように思います。不在と存在は相反する言葉。しかし不在は存在を主張する。不在の部屋はあなたの手によって、きっと存在するものとなるでしょう。
 

ワークショップ

会場:旧・原田米店
内容:しかけ小箱作り体験
時間:13:00~
所要時間:約30分
定員:約5名
持ち物:箱や蓋(こちらでもご用意します)
料金:500円

トップへ
 

Landscapes in Fukushima

 
 
 
アーティスト : 後藤勇治|Goto Yuji
時間 : 9:30〜16:45
会場 : 子ども読書推進センター

今回の作品は福島県の風景を描いた絵のみで構成しました。しかし一連の災害や事故とはかかわりの薄い作品ばかりです。社会的に大きな出来事に際して表現者がいかに多様な価値観を提示できるか、ということを試みた展示です。

トップへ
 

座る座る

 
 
 
アーティスト : ソメヤケンジ|Someya Kenji
時間 : 9:30〜16:45
会場 : 子ども読書推進センター

椅子は実用的でありながら空間によって人や物語を感じることができ、時に絵画や彫刻にもなりうる。今回はデザインとクリエイティブな理想を組み込んだファンクショナルアートとしての座る道具(座具)を展示。自由に触れ・座り・遊び、ココロをやすめて欲しい。

トップへ
 

松戸百鬼夜行

 
 
 
アーティスト : 大成哲雄+聖徳大学大成ゼミ
Onari Tetsuo + Onari Seminar, Seitoku University

会場 : 松屋2F

「百鬼夜行絵巻」で描かれた、ものの化身=付喪紙を現代風にアレンジしたプロジェクトを行います。 ものが豊富な今日、現代版百鬼夜行をとおして私たちの生活を見つめなおしてみたいと思います。
 

ワークショップ「こども百鬼夜行」

会場:松屋2F
時間:11:00~18:00(休憩あり)

トップへ
 

Op.cake #HANAZEN

 
 
 
アーティスト : 聞谷洋子|Kikutani Yoko
会場 : 華膳

ケーキと写真は似ています。オーブンとカメラ、暗室と台所、焼くこと、切ること。
似てはいても、時間差があったり、ずれていたりもします。
似ているということは同じということではなくて、その部分をもっとよく見てみたいのです。

トップへ
 

コイケジュンコ松戸店

 
 
 
アーティスト : コイケジュンコ|Koike Junko
会場 : アクシス根本

松戸の個性溢れるお店に、無機能な紙の服『HI-FUKU』を纏った女が出現。 見慣れた風景におかしみが生まれる。 (同時開催:「コイケジュンコ邸」)

トップへ
 

MAD ANIMA

 
 
 
アーティスト : 安藤早織|Ando Saori
会場 : 塩谷刃物店隣

松戸を背景に道で、川辺で、商店でコマ撮りアニメーション。日常の中で動めく水玉。 ワークショップも開催。あなたも水玉を動かしてみませんか: 11月12 日(土)、20日(日)、23日(祝)am11:00塩谷刃物店に集合。途中参加も可能。

トップへ
 

This World Is Not My Home

 
 
 
アーティスト : 原田晋|Harada Susumu
会場 : ルシーナビル7F

夢の跡地に微かに残された営みの気配に身をおき、呆然と浮沈し、曖昧に配置された映像群と向き合います。
あらゆる事象で存在する境界を意識、思考することで、眺めていたもの、これからみてゆくものに、変化が起きるかもしれません。

トップへ
 

松戸歌壇

 
 
 
アーティスト : 青木麦生|Aoki Mugio
会場 : 街の各所

短歌を街に貼りました。
短歌は五・七・五・七・七の31音から成る短い歌で、普段は本とか誰かの頭の中とかインターネットなんかにいるちょっとシャイな奴です。でも、たまには外で遊ばないと健康にはよくありませんからね。太陽の光や人々の視線を浴びながら、少しでも松戸の風景に溶け込んでくれますように。

トップへ
 

民藝としてのラップ

 
 
 
アーティスト :
OJA a.k.a. son of GEN|オジャ エー・ケー・エー サン オブ ゲン
会場 : 東西連絡自由通路/西口デッキ/MAD City Gallery

松戸市民にラップで語りかけ、ひとりひとりが「いま何を考えているか?」「どうしたら松戸がより良いまちになるか?」コメントをもらう。それを集めて、後日”松戸・アンセム”をつくり、松戸市に提出する。
 

パフォーマンス

会場:東西連絡自由通路
内容:松戸市民にラップで語りかけ、コメントを集める
時間:14:00~
所要時間:約20分

トップへ
 
根本壁画

 
 
 
アーティスト : HITOTZUKI|ひとつき
会場 : 岩瀬こ線橋

アーティストKAMI と SASU による共同制作名義、壁画制作を中心に1999年に活動を開始。太陽と月という意味を表す HITOTZUKI(ひとつき=日と月)という名前には、男と女、+とー、陰と陽などの相反する二つのものが一つとなり、調和した新しい世界を創るという制作への意が込められている。 日本国内に留まらず海外を含むさまざまな都市での壁画展示、さらに「六本木クロッシング 2010(森美術館)」など多くの個展やグループ展に参加するなど活躍している。

※写真は過去の制作時の様子です

トップへ
 

 

事務局イベント

トークイベント「暮らしの芸術家」

時間 : 14:00〜15:30
会場 : 鈴木ビル2F(松戸市松戸1306)
料金 : 無料
トークゲスト :
石上瑠美子(松戸シティーガイド会長/NPO法人松戸市民劇団理事長)
榎本孝芳(松戸まちづくり連絡協議会副代表幹事/フラワ-ボランティア世話人/常盤平地域活性隊隊長)
コーディネーター : 毛利嘉孝(東京藝術大学准教授)

トップへ
 

 

トークイベント「メディアとアートの公共性」

時間 : 16:00〜17:30
会場 : 鈴木ビル2F(松戸市松戸1306)
料金 : 無料
トークゲスト :
福原伸治(TVプロデューサー)、毛原大樹(松戸アートライン参加作家/”最後のテレビ”発起人)
コーディネーター : 毛利嘉孝(東京藝術大学准教授)

トップへ
 

 

関連イベント

織物展示「色と光と想いとを」

アーティスト : 林 美子
時間 : 11:00~18:00
会場 : ギャラリー宇
料金 : 1000円(ワンドリンク付き)

トップへ
 

ボサノバライブ

アーティスト :
前中智博(Vo&Gt)、宮本果奈(Fl)、加納聡美Pf)
時間 : 17:00〜
会場 : コルコバード(松戸市松戸1281-12 2F)
料金 : ライブチャージ¥1,500+オーダー

トップへ
 
compounded site

展示作家 : 森純平、中井川大介、四方謙一、針村展輔、永田康祐
時間 : 12:00~19:00
会場 : MAD lab.

ビルや塀に囲まれたぽっかりと空いた場所。そこに佇む古い建物を中心に、アーティスト・建築家が、 それぞれを読み解き場所を重ねていく。創り出したモノが混ざり合い、自然と場所が改修されていくプロジェクトです。
http://compundedsite.tumblr.com/

トップへ