松戸アートラインプロジェクト2010
(通称:MALP「マルプ」)とは

古くは水戸街道の宿場として栄え、昭和の高度成長期には日本有数の団地が建てられ、多くの人が集ってきた町、松戸。

河岸段丘に沿う緑豊かな斜面林と市内を流れる坂川、古い街道や歴史的建造物などが点在する松戸駅前。31組の新鋭アーティストが、街を舞台に作品制作や展示を行うほか、シンポジウムやワークショップ、地元の伝統工芸との接点をつくり、松戸の魅力再発見のプロジェクトを展開します。

ここで、私たちは、アートの介在により、さまざまな人やことやものが行き交い、集積し生み出し、まちが変容していくことを体験します。人とまちの近しい関係を再構築し、アートとまちなみが一体となる1ヶ月の始まりです。

ライン

概要

名称
松戸アートラインプロジェクト2010
会期
2010/11/20(土)~12/19(日) ※展示期間
展示時間
11:00~17:00 ※一部例外あり
内容
・オープンアトリエ
・展示
・アートツアー(アートまち歩き)
・シンポジウム
・まちなかアート公開講座
・松戸アートライン市民フェスタ
制作場所
松戸駅周辺の空き店舗
展示場所
上記に加えて、歴史的建造物、公共空間など
運営主体
松戸アートラインプロジェクト実行委員会
事業主体
松戸市、NPO法人CoCoT
審査員
土屋公雄(愛知県立芸術大学教授、武蔵野美術大学客員教授)
三谷徹(千葉大学園芸学部教授)
毛利嘉孝(東京藝術大学准教授)

ライン

アートテーマ「森」
松戸駅は徒歩10分圏内に緑地と川が存在し、自然に恵まれた環境にあります。
またその狭い範囲に旧街道や商店街、歴史的建造物、マンション等、そして多くの市民が生活する地域です。このことを踏まえ、松戸の多様な要素を『森』として捉え、制作および展示に反映させました。

森に込められた含意としては、独自の生態系をもった空間世界、自然、エコロジー、生命、記憶、多様性、複雑系、無正面性、にぎわい、調和、リラックス、等の要素があります。

ライン

協力
JR東日本 松戸駅
松戸商工会議所
松戸駅周辺にぎやかし推進協議会
新京成電鉄株式会社
松戸宿商業振興連合会

NPO法人ありのま・地域活動支援センターほくと
おこめと笑顔の店ハラダ
(株)有田商店
株式会社伊勢丹松戸店
株式会社葛西屋呉服店
株式会社ミニミニ城東 松戸店
株式会社森谷エステート
株式会社山一ハウス
株式会社ル・シーナ
新角ビル
津田ビル
都市綜合開発株式会社
日本大学歯学部
松戸宿坂川献灯まつり実行委員会
松戸ビル
(順不同)


ライン

すでに終了したイベント等

オープニングセレモニー
オープニングを宣言し、31組のアーティストの紹介が、華やかなイルミネーションの点灯式とともに開催されます。
日時: 11/20(土)17:30~18:00
会場: 松戸駅西口デッキ
参加費: 無料
※特に予約等ありませんので当日お越し下さい
シンポジウム
日時: 2010年11月23日(火・祝)16:00~18:00
会場: 松戸商工会館 5F 大会議室
参加費: 無料
※申し訳ございませんが、未就学時のお子様のご参加はご遠慮ください。
ゲスト: 北川フラム(「越後妻有アートトリエンナーレ」「瀬戸内国際芸術祭」総合アートディレクター)
テーマ: アートプロジェクトとまちづくりの可能性を探る ~持続可能なまちづくりの展開とアーティストの持つ可能性~
第一部: 16:00~16:50 北川フラム 講演
第二部: 17:00~18:00 パネルディスカッション
土屋公雄(愛知県立芸術大学教授、武蔵野美術大学客員教授)
三谷徹(千葉大学園芸学部教授)
毛利嘉孝(東京藝術大学准教授)
当日の様子:

©土屋うつ樹 ©土屋うつ樹 

©土屋うつ樹 ©土屋うつ樹 

©土屋うつ樹 ©土屋うつ樹 

©土屋うつ樹 ©土屋うつ樹 

山川冬樹パフォーマンス
日時: 12/12(日) 17:00開場 / 19:00開演
会場:都市綜合開発第三ビル1F
出演: 山川冬樹
プロフィール: ホーメイ歌手/アーティスト。1973年、ロンドン生まれ。音楽、美術、舞台芸術の分野で活動。身体内部で起きている微細な活動や物理的現象をテクノロジーによって拡張、表出したパフォーマンスを得意とする。
入場料: 無料

※事前予約が必要になります。ご予約の際は以下の内容を event@malp2010.com までお送りください。
・代表者氏名
・申込人数
・電話番号
・メールアドレス

当日の様子:

©冨田了平 ©冨田了平

©冨田了平 ©冨田了平

©冨田了平 ©冨田了平

©冨田了平 ©冨田了平

©冨田了平 ©冨田了平

まちなかアート公開講座

大学・研究機関の専門家を講師に招き、一般の方にも分かりやすくアートやまちづくりに関わることを学ぶための教養講座です。

会場:MALPサポーターズカフェ(ほくとビル1F)
定員: 各回 先着20名
参加費: 無料
日時: 11/27(土) 18:00~19:30
講師: 柳井重人(千葉大学園芸学部准教授)
テーマ: 「緑と花のまちづくり~松戸での取り組みを通じて考える~」
日時: 12/4(土) 18:00~19:30
講師: 毛利嘉孝(東京藝術大学准教授)
テーマ: 「コンテンポラリーアートの楽しみ方:アートを通じて社会を考える」
日時: 12/11(土) 18:00~19:30
講師: 土屋公雄(愛知県立芸術大学教授、武蔵野美術大学客員教授)
テーマ: 「環境とアート/森の実験:英国グライスデール」
日時: 12/16(木) 18:00~19:30
講師: 田中典子(松戸市教育委員会学芸員)
テーマ: 「松戸の近代美術史」
日時: 12/18(土) 18:00~19:30
講師: 三谷徹(千葉大学園芸学部教授)
テーマ: 「風景のデザイン」
© malp2010.com All Rights Reserved.