2010/12/15

展示紹介「Cross-Section / Fossil」

旧・原田米店、薄暗い通路の向こうにある和室に屹立する異様な立体作品。
アーティストの大山さんはグラフィティなどストリートアートの「レター」を思わせる
幾何学的模様をモチーフとして、ライブペインティングやインスタレーション・
壁画などの屋外作品を多数制作してきた作家。

一転して今回は屋内展示となったが、家屋の断熱材として一般的なスタイロフォームを
重ねることで生まれた立体を、さらに大胆に熱線でえぐりとり造形することで、
屋内においても幾何学的なモチーフを出現させている。


作品制作中の様子

つい目で追ってしまうこの作品、周りをグルリと歩きながら、それぞれの方向から
平面として感じたときにどう見えるか、あるいは上空から見ればどう見えるか、
想像力豊かに鑑賞していただきたい。

アーティスト:大山エンリコイサム
会場:旧・原田米店